会社概要

名  称 株式会社木下製作所
所 在 地 本社及び広島工場 広島市南区大州4丁目11番39号
神奈川営業所   神奈川県藤沢市下土棚1016-1
TEL 082-285-2121(代)
0466-44-6558(神奈川営業所)
FAX 082-285-3071
E-Mail kinowrks@mint.ocn.ne.jp
創立年月日 昭和21年(1946年)8月15日
資 本 金 10,000,000円
代表取締役 木下 潔
社  歴
昭和21(1946年)年8月 初代社長 木下定
広島市大州3丁目281番地にて創業
昭和32年(1957年)5月 広島市大州7丁目389番地に移転
昭和34年(1959年)6月 法人に改組 現在に至る
昭和43年(1968年)5月 山口県田布施新設工場操業開始
昭和46年(1971年)7月 広島工場一時閉鎖 田布施工場一本化
昭和53年(1978年)6月 本社広島工場再開のため自動造形ライン工場
新設工事着手
昭和54年(1979年)8月 本社及び生型自動造形ライン完成
操業開始
昭和60年(1985年)5月 本社敷地内に新工場完成 操業開始
平成2年(1990年)9月 フラン自硬性ライン操業開始
平成7年(1995年)11月 機械加工部門操業開始
平成19年(2007年)2月 木下潔 2代目社長就任
平成24年(2012年)6月 ベトナムへKS炉輸出
取引銀行 山口銀行広島駅前支店、広島銀行大州支店

広島信用金庫大州支店、日本政策金融公庫広島支店

商工中金広島支店

主要製品 球状黒鉛鋳鉄製シーブ・車輪・ブレーキプーリー

一般産業用鋳鉄部品

KS式電気炉

溶湯精錬炉

マンガン除去装置

主要設備 KS式電気炉(自社製)
       能力: 1.5トン/hr

自動注湯装置(自社製)

生型自動造型ライン(2ライン)
       枠サイズ: 1200*1300*225/225    800*900*200/200
フラン自硬性ライン

機械加工
       NC旋盤: 910φ*1500L    520φ*450L
       マシニングセンター: 650φ*800L    520φ*450L

お問い合わせ 金属材料の基礎知識 金属材料の書籍・刊行物 金属材料関係機関 金属材料に関する資格 アクセス

木下製作所の特許技術

鋳鉄の精錬技術と装置(KS炉)
国内・海外[米・英・独・韓]
球状黒鉛鋳鉄の薄肉化技術(薄肉化)
国内
球状黒鉛鋳鉄の耐熱性向上技術(耐熱性向上)
国内
鋳鉄溶湯の精錬技術(溶湯精錬)
国内
鋳鉄溶湯中の不純物金属除去技術(マンガン除去技術)
国内・海外[中国]
ページ上部へ戻る